キイロスズメバチが蜂の巣を作りやすい場所を特定しよう

パッと見では分からないキイロスズメバチとアシナガバチの違いを知っておこう!

蜂の巣の構造や特徴で見分ける

キイロスズメバチとアシナガバチには様々な違いがあります。アシナガバチは脚を伸ばして飛ぶので速度は遅いです。キイロスズメバチは俊敏な動きで飛び回るので、飛び方で見分けがつきます。他にも違いがあって蜂の巣にも特徴があるのです。キイロスズメバチは木の繊維を固めて作りますが、アシナガバチは樹皮の靭皮繊維やタンパク質を混入して作ります。そのため、アシナガバチの蜂の巣は頑丈にできているのです。アシナガバチの蜂の巣はキイロスズメバチと違って外殻がないので、ハチが生息しているのが見えます。また、アシナガバチの性格は大人しいですし、他の害虫を狩るので無理に駆除する必要はありません。ですがキイロスズメバチは、攻撃性が高いので放置すると危険です。

ハチの退治をする時に役立つ知識~キイロスズメバチが蜂の巣を作りやすい場所~

キイロスズメバチが巣を作りやすい場所は特定できます。ですから、先にその場所を確認して蜂の巣ができないようにしておくことが対策に繋がるのです。

こんな場所は要注意!キイロスズメバチが蜂の巣を作りやすい場所

軒下
自宅の軒下は雨を防ぐことができるため、キイロスズメバチが蜂の巣を作ることがあります。意外な場所なので見逃すことが多く、気づいた時には大きな蜂の巣が完成しているでしょう。定期的に軒下を確認して、早期発見できるようにしましょう。
天井裏、屋根裏
この2つは雨風を凌げる場所なので、蜂の巣を作るのには最適な場所なのです。屋根の隙間などから入り込み蜂の巣を作ります。目立たない場所ですし発見しにくい所であり、気づかない間に蜂の巣を作っている可能性があるので気をつけてください。
床下
キイロスズメバチは土の中で蜂の巣を作ることが多く、引っ越しをする際に土に近い床下に入り込むことがあります。ひと目につかない場所なので、知らない間に巣を作ってしまっている可能性が高いです。屋根裏と同じように家にいても襲われることがあります。
庭に木があれば、キイロスズメバチはそこで蜂の巣となる材料を確保しながら巣作りを行ないます。また、庭に倉庫がある場合はそこに侵入して巣作りをすることがあるのです。屋根がある倉庫は巣作りに最適な環境なので、こまめにチェックしてください。
BackToTop